シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日,喘息

喘息の症状はいつから発症する?

シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日,喘息

喘息の症状はいつから発症する?

喘息の症状はいつから発症する?
ここでは、16歳以上の成人喘息患者の年齢別に分けてみた結果、50歳代が一番多く、次いで40歳代、60歳代の喘息の方となります。

 

 

年齢別の喘息患者の割合は、

①20歳前から発症した患者=20%(小児発症喘息)
②20~40歳の発症患者=30%(成人発症喘息)
③40歳を超えてからの喘息=50%

 

 

小児発症喘息

小児発症喘息は別名「アトピー型」と呼ばれ、他のアレルギー疾患を併発しており、多くは軽症といわれています。

 

 

成人発症喘息

成人発症喘息は非アトピー型と呼ばれ、ステロイド薬を常用、重症化しやすく「アスピリン喘息」の患者が多くいます。

 

また、全成人患者の3~4%は、小児喘息の症状が少なく、成人になって再発した方では、成人発症喘息に症状が類似しているといわれます。

 

 

小児発症喘息と成人発症喘息について

まず、小児発症喘息とは、両親の遺伝を強く影響する傾向にあると一般的にいわれています。

 

このことから、両親共に喘息やアレルギーをもっている場合、子供にも喘息を発症してしまう可能性が高いと言われています。

 

また、片親の場合(父親もしくは母親のどちらかが、喘息もちの場合)、発症の可能性が比較的、低くいとされています。

 

 

小児発症喘息の特徴

・全体の約6~7割は、12~13歳頃になると肺が成長していくため、症状も出にく、そのまま無症状になり完治する事が多い。

 

・残りの3~4割は思春期喘息となり(主に13~18歳)、そのまま成人喘息へと持ち越されてしまう。

 

思春期を迎え、親元の目の届かない頃になると、自分で喘息薬を管理するようになるため、治療を怠ってしまい、重症化になる傾向があるとされています。

 

また、喘息が重症化すると、心身の成長の他に、就学などにも支障をきたしたりと、様々な社会生活にも影響が出てしまうので、保護者の注意が必要となります。

 

シングレアジェネリックを激安で買うならこちら

シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日,喘息

 

シングレアTOPはこちら