シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日

吸入薬の種類

シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日

吸入薬の種類

吸入薬の種類 ・ドライパウダー製剤 粉を吸入 ・エアゾール製剤 霧状の薬剤を噴霧して吸入 ・電動ネブライザー 液体を霧状にして吸入 こうした各種があります。 ・吸入ステロイド薬 長期管理薬(コントローラー)の中でも、喘息の治療薬として最も効果が高いとされているのが「抗炎症の吸入ステロイド薬」と言われています。 少量の成分で、肺や気管支のみにステロイドを作用させ、炎症を抑える効果があるため、副作用も比較的少なく、長期の使用が行えるお薬といわれています。 お薬の量も経口薬と比較して、1/100~1/1000程度の量で効果を得られます。

副作用

・口の中の炎症 ・のどに痛み ・声がれなどが出る このような副作用があるとされていますが、これは吸入後にしっかりうがいをすることにより、それらの症状を予防することはできるといわれています。 ・β2(受容体)刺激薬 発作が起きた時に、狭くなった気管支に拡張作用のある『β2(受容体)刺激薬』という「気管支拡張薬」が使用されることがあります。 このお薬は2種類あり、「長時間作用型のコントローラー」と「短時間作用型のリリーバー(発作治療薬)」があります。 お薬の注意点 ・短時間作用性吸入β2刺激薬 呼吸困難によって起こる苦しさを「気管支拡張作用」ですぐに取り除く効果があり、発作のときは大変便利なお薬になります。 しかし、喘息の原因である炎症を抑える「抗炎症作用」は持ち合わせていないため、依存や過剰使用が問題とされています。 使用時には、注意することが大切になります。 また、このお薬を頻繁に使用する=喘息が長期的な目で見て、コントロール不可ということになります。 ・経口ステロイド薬 経口ステロイド薬は「発作治療薬(リリーバー)」として重症と診断された喘息、または大きな発作が起こったときに使用されます。 また、炎症を抑える作用が強いため、副作用の危険性も高いとされ、吸入ステロイド薬とうまくに使い分けをすることが大切になります。 ・喘息治療をしないとどうなる?発作を繰り返すと悪化する? 喘息の正体とは、一言でいうと、「気道が慢性的に炎症を起こしている状態」といえます。 発作が起きたときにのみ、お薬を使用して、毎日の気道の炎症治療を放置すると、気道が益々敏感になっていき「発作を繰り返しやすくなる」といった悪循環を繰り返すようになってしまうわけです。 これは、気道の壁を厚く硬くするということになります。このことを「気道のリモデリング」と呼び、喘息治療を難しくさせる原因とされています。 -発作をくり返して悪循環!?- ・悪循環を断ち切るにはどうすればよいのか? 上記で述べた「気道のリモデリング」を起こさず、悪循環にしないためには、気道の炎症を毎日予防して、治療を行うことが大切になります。 また、抗炎症治療は発作時だけ行えばよいと言う訳ではありません。毎日続けることに意味があります。 長期にわたって、適切な治療を行い、気道の状態を安定することができれば、喘息持ちでない人と同じような生活を送ること可能とされます。 症状が軽くなったからといって、自己判断での服薬を中断することはせずに、定期的に通院して、喘息をコントロールできるようにすることが喘息治療ではとても大切なことになります。 また、そのためには信頼できる医師を探して、疑問や不安を解決し納得しながら治療を続けていくことが重要になります。 -悪循環を抗炎症治療で断ち切る!- ・喘息の「急性増悪(発作)」への対応 ここでは、急な発作が起きる前に取っておくべき行動を紹介していきたいと思います。 急性の喘息発作症状には、個々により、軽度の呼吸困難や歩行が困難になったりする意識障害を起こす高度な発作まで、広範なばらつきがあります。 そのために、医師からは、急な発作について具体的に、どお対処すればいいのか、教えてもらうことが重要になります。

シングレアジェネリックを激安で買うならこちら

シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日

シングレアTOPはこちら