シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日

シングレアは副作用の少なく喘息や花粉症に効果抜群

シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日

シングレアは副作用の少なく喘息や花粉症に効果抜群

シングレア・ジェネリック(モンテア)とはアレルギー性鼻炎(花粉症)や喘息の症状を緩和する効果のあるお薬です。

 

有効成分モンテルカストは新しいタイプの喘息のお薬でロイコトリエン拮抗薬と呼ばれ従来のお薬よりも効果が期待できます。

 

シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日

 

このシングレアジェネリックは、喘息の発作以外にも鼻粘膜の抗炎症などにも効果があります。ですから、くしゃみ、鼻水、鼻づまりを改善してくれます。

 

従来の抗ヒスタミン薬ではそんなに効果が出なかった花粉症などの鼻づまりのアレルギー性鼻炎に最も効果があると言われています。

 

こんな症状の方にシングレアはおすすめ

鼻水、鼻づまりなどの症状を改善する効果
喘息の発作を予防する効果
アレルギー性鼻炎などが発症する物質の働きを抑える効果
喘息症状を発症させる物質の働きを抑えることで、気管支の過度の収縮を抑える効果

 

 

シングレアジェネリックを激安で買うならこちら

>>花粉症・アレルギーにはシングレア<<

シングレアは市販で販売されている?通販がおすすめ

まずシングレアはドラッグストアなどで市販されていません。医師の診断の元処方箋が必要となります。また3割負担でも金額は高くなるのでシングレアを使うのであれば通販で個人輸入する方が断然お得になります。

 

シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日

 

どうしても普段の私生活や仕事の関係上、病院に通院、または診察に行く時間の無い方には、インターネットによる通販でシングレアの購入も可能です。

 

インターネット通販での購入は時間、場所を問わず購入が可能で、とても便利な反面、デメリットなどもあります。

 

特に、初めて個人輸入通販を利用する場合の注意点としては、以下のことがあげられます。

 

まずはホームページ記載内容や商品ページをチェック!

個人輸入代行とはいえ、医薬品をあつかっているサイトになるので、商品を紹介しているページにちゃんとした注意書きがしてあるか?

電話による窓口があり、サポート面でも充実したサイトであるか?

サイトそのものの、口コミや評価は確かなものなのかをチェックする!

支払い面でも、クレジットカードなどのキャッシュフローに充実しているか?

処方箋不要ではあるが、薬事法のルールに則って、ちゃんと海外発送をしている通販サイトであるか?

 

※国内での処方箋無しによる、医薬品の国内販売、または国内発送は禁止されていますので、販売業者のみならず、同意の元で購入した側も罰せられる恐れがありますので、そこら辺を注意して通販サイトを利用しましょう。

 

また、ここ最近では国内発送をうたい文句とする業者による健康被害も相次いでいます。いくら、即時に素早く手元に届くからといって、偽物を掴まされては、元も子もありません。

 

必ず、「薬事法」のルールや、その業者がルールに基づいてでの販売をしているかをしっかりと見極めて購入しましょう。

 

当サイトでは安心して個人輸入できるシングレアの通販サイトを紹介します。半年以上前から私も使わしていただいている通販サイトです。クスリの通販サイト自体沢山ありますが、販売額がどこよりも1~3割程度安いのでいつもお世話になってます。

 

シングレアジェネリックを激安で買うならこちら

>>花粉症・アレルギーにはシングレア<<

シングレアの薬価について

シングレア錠10mgの薬価は1日当たり「203円程度」で、自己負担額3割の方は「約61円程度」になります。

 

シングレアは2001年に発売された医薬品になります。発売から年月も経過しましたので、ついに2016年にジェネリック医薬品が発売となりました。

 

シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日

 

先発品「シングレア」

 

商品名:シングレア錠
容量:5mg/10mg
薬価(値段):約153.2円~約203.5円程度

 

商品名:シングレアOD錠
容量:10mg
薬価(値段):約203.5円程度

 

商品名:シングレアチュアブル錠
容量:5mg
薬価(値段):約190.9円程度

 

商品名:シングレア細粒
容量:4mg
薬価(値段):約194.5円程度

 

商品名:キプレス錠
容量:5mg~10mg
薬価(値段):約153.8円~約203.5円程度

 

商品名:キプレス錠
容量:10mg
薬価(値段):約203.5円程度

 

商品名:キプレスチュアブル錠
容量:5mg
薬価(値段):約190.7円程度

 

商品名:キプレス細粒
容量:4mg
薬価(値段):約194.4円程度

 

また、シングレアとキプレスは同じ有効成分になります。どちらも先発品になりますが、その薬価はわずかに異なっています。

 

自己負担額3割の方では、「シングレア(10mg)」の薬価は比較的、高いお薬になります。2016年にジェネリックが発売されることが前から予想されていましたので、このジェネリックは1/3程度の薬価になりました。

 

小さいお子様用としてチュアブル錠、細粒はお子様の飲みやすさを考慮して、作られています。
・チュアブル錠「アメリカンチェリーの味」
・OD錠「口の中にいれたら溶けるようにできているお薬で、ミント味」
また、飲みこみが悪い高齢者の方などにも使用できます。

 

シングレアジェネリックを激安で買うならこちら

>>花粉症・アレルギーにはシングレア<<

シングレアの鼻炎に対する効果について

シングレアは、鼻づまりの症状に大きな効果が期待できます。

 

花粉症の4大症状
・鼻づまり
・鼻水
・くしゃみ
・目のかゆみ

 

以上の症状がありますが、このシングレアは4つのうち3つをしめている鼻症状を緩和してくれます。また、特に「抗ヒスタミン薬」の効果が弱い、鼻閉(鼻づまり)に強い効果が期待できます。

 

シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日

 

抗ロイコトリエン薬のシングレアの位置づけについて

【オノン】【シングレア】【キプレス】は、喘息、アレルギー性鼻炎ともに大きな効果の差はありません。

 

シングレアとキプレスは、同じ成分「モンテルカスト」になります。名前が違う理由としては、発売元が違うだけで同じお薬になります。

 

オノンとは

「ロイコトリエン受容体拮抗薬」の分類ではシングレアと同じになりますが、成分は「プランルカスト」になります。シングレアやキプレスとの一番の違いは、その服用方法になります。シングレア・キプレスが1日1回1錠になりますが、オノンは1日2回の1回2カプセル(合計4カプセル)の服用になります。

 

薬価を最高用量で比較すると

【オノン】:53.7円×4錠=計214.8円(3割負担額で64.4円程度) 
【キプレス・シングレア】:203.5円(3割負担額で61.1円程度)
オノンは現在ジェネリック医薬品(後発薬)が発売していますので、ジェネリックの「プランルカスト錠」が最も安いことになります。

 

 

また、気になる効果・副作用については、2001年に「Allergology International」に掲載された論文で、【プランルカスト】と【モンテルカスト】を比較して検証しました。

 

この結果として、どちらも差がないと結論付けられていました。

 

シングレアジェネリックを激安で買うならこちら

>>花粉症・アレルギーにはシングレア<<

シングレアの花粉症に対する効果

鼻づまりが酷い人

・抗ヒスタミン薬の効果だけでは不十分な方
・抗ヒスタミン薬ぼ副作用により眠気が出てしまう方
・服用を1回で済ませたい人

 

また、シングレアの効果は花粉症に対して示すのは、鼻づまりの人となります。

 

鼻づまりは花粉症の中でも改善が難しい症状になりますので、ステロイド点鼻薬の「ナゾネックス」または「アラミスト」は即効性に欠け、その効果が出始めるのは1~2日といわれていました。

 

シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日

 

そのため、完全にスッキリしない人に対しては、「プリビナ(別名:ナファゾリン)」などの「α交感神経刺激薬」を使用していました。この効果として、鼻の血管を収縮させて、投与後、30分程度ほどで改善させていました。

 

しかし、この「血管拡張作用」は一時的になり、すぐにもとに戻ってしまうのが特徴になります。また、効果が続かず、その使用を連続してすると、徐々にお薬の効果そのものまで、弱まっていきます。

 

シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日

 

そればかりか、「プリビナ」の効果が切れると反発的に血管が膨張してしまい、鼻づまりを悪化させることになります。こういった現象を「α交感神経刺激薬のリバウンド」と呼びます、そして慢性的な鼻づまりを引き起こしてしまうのです。

 

これを改善しようとさらに再度「プリビナ」を使用すると、悪循環に陥ってしまいます。抗ヒスタミン薬とα交感神経刺激薬の合剤としては「ディレグラ配合錠」があります。

 

抗ヒスタミン薬の弱点である鼻閉を、α交感神経刺激薬を服用することで改善する事を目的としたお薬になります。

 

しかし全身の血管を収縮してしまうため以下の疾患されている方には、慎重に投与するか、重症な場合のみ禁忌されています。

 

・糖尿病を患っている方
・高血圧を患っている方
・心疾患を患っている方
・緑内障を患っている方
・尿閉を患っている方

 

シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日

 

このようなことから、アレルギー性鼻炎のガイドラインによると、鼻閉の第1選択肢は「抗ロイコトリエン薬」となります。

 

このため、花粉症での鼻詰まりを改善したい方はまず、シングレアを含めた「抗ロイコトリエン薬」を試してみるのもよいでしょう。

 

また、抗ヒスタミン薬を使用して、その効果が不十分な方は、シングレアを併用することにより改善効果が期待できます。

 

抗ヒスタミン薬は副作用として眠気が挙げられますが、抗ロイコトリエン薬のシングレアでは眠気が比較的少ないとされます。

 

特に、眠気のために「抗ヒスタミン薬」が合わない方にはお勧めです。

 

シングレアジェネリックを激安で買うならこちら

>>花粉症・アレルギーにはシングレア<<

シングレアを効果を深く知ろう

まずモンテアの先発薬でもあるシングレアは、2001年に発売された「ロイコトリエン受容体拮抗薬」になります。

 

このシングレアは「MSD社」から発売されていますが、全く同じのお薬として「キプレス錠」が「杏林製薬」から発売しています。

 

「抗ロイコトリエン薬」とは?

喘息などのアレルギーを引き起こす原因「ロイコトリエン」の働きを抑制するお薬になります。

 

また、シングレアは、「気管支喘息」の治療や「アレルギー性鼻炎」の治療などで用いられる内服薬になります。

 

主に、喘息の治療薬は「吸入薬」が一般的となりますが、この吸入薬が使えない時に使われています。

 

花粉症治療薬として

花粉症の特有である、「鼻づまり」などにとても効果的で、また、「アレルギー性鼻炎」の症状が強い時にはよく使われます。それでは、ここで「シングレア」の効果について説明していきましょう。

 

シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日

 

シングレア・ジェネリック(モンテア)の効果と特徴
①花粉症に対してのメリット・デメリット

 

Step1.【メリット】
・1日1回の服用でコントロールが可能な点
・2016年に後発薬(ジェネリック医薬品)が発売
・鼻づまりにはとても効果的な点
・比較的、薬の副作用としての眠気が少ない点
・抗ヒスタミン薬と併用できる点

 

Step2.【デメリット】
・目のかゆみなどには効果が弱い点
・アレルギー性鼻炎として小児に使用が難しい点
以上が花粉症としてのシングレアの特徴となります。

 

シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日

 

また、シングレアは、アレルギーを引き起こす「ロイコトリエン」を阻害する働きがありますので、喘息・アレルギー性鼻炎に適応します。

 

ただ、それぞれの症状によって使用方法が違いますが、まずはお薬の用法・用量また、メリット・デメリットを説明します。

 

まず、シングレアは就寝前に1回の服用んみなりますので、飲み忘れが少ないとされるお薬になります。同じ「モンテルカスト」が有効成分の「キプレス」も就寝前に1回服用するお薬になります。

 

一方では、「プランルカスト」が有効成分の「オノン」は、1日2回で、朝と夕食後に服用となります。

 

さらにこのシングレアは、小さいお子さんでも飲みやすい「小児用・細粒、チュアブル」などもあります。しかしながらこれは、喘息だけにしか適応がないのが、デメリットになります。

 

小児用に「アレルギー性鼻炎」が適応になるのは、「オノンドライシロップ:10%」になります。こうした理由から、オノンドライシロップが適応となることが多いとされています。

 

また、主にシングレアが適応としているのは「アレルギー性鼻炎」になります。シングレアは特に鼻づまりに効果があるとされていて、「抗ヒスタミン薬」とも併用することが可能です。

 

シングレアは抗ヒスタミン薬よりも比較的、眠気なども少なく、鼻づまりが中心の症状をお持ちの方にはこの「シングレア」を単独でも使われます。
また、花粉症による「目のかゆみ」にはあまり効果は期待できません。

 

シングレアには後発薬(ジェネリック医薬品)が発売されています。そのジェネリック医薬品が「モンテア」になります。

 

シングレアは先発薬(新薬)になりますので、先発薬と比べて薬価は6割程度となります。

 

シングレアジェネリックを激安で買うならこちら

>>花粉症・アレルギーにはシングレア<<

シングレア適応疾患と用量・用法について

通常、成人は、1日1回(5mg~10mg)を就寝前に1回服用します。

 

・シングレアは、販売元「MSD社」より2001年に発売された「ロイコトリエン受容体拮抗薬」になります。
・シングレアは「気管支喘息」「アレルギー性鼻炎」に適応します。
・15歳以上に使用する剤形は「シングレア(5mg錠)」「シングレア(10mg錠)」になります。
・「シングレア(5mg錠)」は、「アレルギー性鼻炎」のみの適応になります。
・「シングレア(10mg錠)」は「気管支喘息」「アレルギー性鼻炎」に両適応しています。

 

また、15歳以上であれば、花粉症の症状に合わせて「シングレア(5mg)」または「シングレア(10mg錠)」を1日1回就寝前に服用となります。

 

※6歳~15歳未満に使用する場合は「シングレアチュアブル(錠5mg)」
※1歳~6歳未満に使用する場合は「シングレア細粒(4mg)」あります。
(2016年の時点では気管支喘息にしか適応がありませんので、注意が必要になります。)
※チュアブル錠とは、噛める錠剤のことをいいます。